ダイエタリー・サプリメント

アメリカではサプリメントとはダイエタリー・サプリメントを指し、食品区分の一つであるといいます。

明確なサプリメントの定義は日本ではありませんが、目的は普段の食事だけでは不足しがちな栄養素の補給としている食品です。

健康補助食品、栄養補助食品とも言われているようです。

多いのは錠剤やカプセル型のものではないでしょうか。

最近ではドリンク型やパウダー状のサプリメント商品もあり、ビスケットやゼリー状のサプリメントも存在します。

大きく日本人の食生活は数十年前と比較して変化しているようで、レトルト食品や加工食品の利用者も非常に増えています。

ファーストフードや外食を多用する人も、多忙のためかいるようです。

最近少なくなってきているのが食品から摂取できる栄養で、野菜自体のミラル不足などもあることが原因です。

サプリメントを使うのは、食品から摂りきれない栄養摂取を補うためです。

今までは年配者が健康維持のためにサプリメントを使う例が多く見受けられました。

最近増えているのが、若い世代でも健康管理にサプリメントを使用する人たちです。

薬と違いサプリメントは、食品からの栄養摂取のサポートをあくまで目的として利用するものです。

ダイエットや美容、体力づくりを目的として、サプリメントを食品以外に健康維持のためだけでなく使う方もいるようです。

Comments are closed.